みやじ豚

みやじ豚.comではお好きな部位・量もいろいろ組み合わせての注文をお受けしております★ご注文はこちら 豚の部位と調理方法

豚の部位

ロース 場所 背中の中央部分の肉
詳細 淡いピンク色の肉はきめも細かく豚肉の中でも高級部位にあたります。
みやじ豚ロースの溢れる甘みはとんかつにすると絶品。
しゃぶしゃぶの場合も少し厚めにスライスするのが美味しいのです。
使い方 1.かたまりのままでローストポーク。
2.厚く切ってとんかつや生姜焼。
3.薄切りで冷しゃぶや炒め物
ポイント ソテーの時には、肉が縮むのを防ぐため、脂身と赤身の間の筋に切り込みを入れましょう。
長時間火を通すと固くなるので煮込みには向きません。
肩ロース 場所 ロースと繋がった肩の部分の脂と赤身が混ざり合っている少し赤いお肉です。
詳細 ロースよりは筋が多くやや堅めですが、その分コクがあり濃厚な味です。
みやじ豚の肩ロースはとてもやわらかくジューシー。
バーベキューやレストランシェフには一番人気の部位です。
シンプルに網焼きや、炒め物にしても、みやじ豚の美味しさがわかる部位です。
使い方 基本的にロースと同じように使えます。
1.ローストポークや焼豚、ゆで豚などブロックのままで。
2.脂身が混ざっているので、小さく切ったり角切りにして炒め物にも
ヒレ 場所 背中の中央部分の肉
詳細 きめが細かくやわらかい、脂肪分が少なくビタミンB1が豊富で日本人好みの部位ですが、
一頭からとれるのはたった2本だけ(1本約500g)。
ただでさえ頭数の少ないみやじ豚のヒレ肉は、本当に稀少。
しっとりやわらかなみやじ豚のヒレ肉、是非お試しあれ。
使い方 1.厚めに切ってヒレカツや、ステーキなどに。
2.肉自体がさっぱりしているので、トマトやポン酢、梅などで爽やかに仕上げるのがよく合います。
ポイント パサつきやすいので長時間の煮込みは避けましょう。
バラ 場所 お腹の部分の肉
詳細 脂身の多いバラ肉は、赤身と脂身が交互に折り重なり三枚肉とも呼ばれています。
味は濃厚で豚肉の旨味が一番詰まったところともいえます。厚めに切ってさっと焼けば、みやじ豚のクリーミーでさらっとした甘い脂身と、旨味の詰まった赤身を堪能できます。
もちろん、煮込みにも最適。ゆっくりと加熱するととろけるようにやわらかくなります。
使い方 1.コトコト煮込んだ角煮や、スープに味を出したい豚汁。
2.カリカリに焼いてサラダや卵と合わせるのもいいですね。
ポイント 脂身が多いので、煮込みの場合は一度冷まして脂を取り除くと脂っこくなりません。
取り除いた脂は、ラードとして使えます。
モモ 場所 脂肪が少なく、さっぱりとした赤身の部位。
詳細 炒め物やブロックでの焼きもの、煮物に。肉自体に脂肪分がないので、おいしいスープをとるのには若干不向きですが、肉自体を楽しむものには向いています。旨味をしっかり閉じこめて、みやじ豚の柔らかくジューシーなモモ肉を楽しんでみてはいかがでしょうか。
使い方 1.ゆで豚、煮豚、焼豚、カレーなど。
2.炒め物は、あっさり和風に仕上げたり、
あんかけにしてコクをプラスしたりと様々なバリエーションを楽しめます。

みやじ豚を部位別注文する